私の居残る日帰りの休暇をご紹介します。それは昨日のことでした。ベッドで、ゆっくりと寝た後々、昼前が来た、まだ少し寝たり無い、まだ少し疲れが残っていると思いながらも、えいと、胴をおこし、起きだして、私自身の思考通りに、京都に行くことにしました。ワンデイで行けないギャップでは、ありませんが、足代を流すのには、少し加わり思いがひけます。少し高いです。でも、この日は、行ってみようと思いました。いつもより、往路時分、数十円高いです。チケットを思い切って買いました。自販機では、ターミナルから少しもどって、面倒ですが、10円安いので、リンクを押しました。往路チケットという場所が、少しわくわく決める。帰路は、この時点では、決まっていません。決められたレールを出向くことは、誰しもが、不愉快ではないでしょうか、身は嫌だ。とくに、今日は休暇だ。私の望むようにしようとおもいます。京都に擦り込みば、カラダをすっきりさせたさに、モールの最上階の歓喜サロンに行きました。昼前一番では、なかったけれでも、アポイントが見える印象でした。昼からの要領に私の思いの丈とは反し、そうなってしまいました。何事も思い通りにはいきません。あっその前に、正午を食べに行きました。